見出し画像

今さらレビュー、KINDLE買って良かったと感じた3つの点

先日のことですが、アマゾンで頻繁に行われるSALEに便乗して、この度Kindleを購入しました。

実をいうとKindleはずーっと欲しかったアイテム。

手の届かない価格でもなく、必要性を感じなかったわけでもないんですが、昔からの変なプライド「ローテク主義」の名残から“書籍”に固執していました。(「固執」と言ってる時点で既に自称“ローテク主義”が破綻している)

そんな内心欲しいと思いつつも「iPhoneでいいんじゃね?」説を繰り返し自問自答していました。

しかし今回、White paperが6,000円近くプライスダウンするというので衝動的にポチリ。だいたい1ヶ月使って感じた使用感としては、なんでこんな便利なもの買わなかったんだろ?に尽きます。

え?めちゃ便利やん!感情が強いため、今回ここで書いてみることにしました。


1. 片手でページがめくれる

これ、何気ないけどめちゃ便利!具体的には「ながら読書」がしやすいんです。

子育てで言えば・・・

ミルクあげながら。
抱っこしながら。
寝かしつけながら。

いつだって読みやすいんです。書籍でも確かに片手で読めるんですが、ページがめくれないですよね。


2. 突発的な動作にも対応できる

これもまた子育て中のことですが、子どもが遊んでて何気ないタイミングで家具にぶつかりそうな時。慌ててもクシャってならないんです。

また、開いてたページをひっくり返して、パサパサってしなくていいんです。書籍に比べて、パサパサってなった後に読んでたページが分からなくなることもないし、読書時間への再起動が非常に短いんです。


3. 読んでる感が出ない

個人的に好きなのはここ。

当然の如く、Kindleだと背表紙がないので、他人からみて「今何の本を読んでいるのか」分かりません。書籍でもカバーすれば済むし、別に何を読んでいるか分かっても良いんですけど、時として読書をしていると主義が横槍として入ってくるケースがあります。

「その本読むよりも○○読んだ方がいいよ。」 ← こっちが好きで読んでんの

「本でテクニック的なことを知るよりも、もっと根本を理解しなくちゃ」 ← んなこと知ってるわ

「(表紙を見て)○○○のことなら本をよむ必要なんてないよ」 ← いきなりの上からそもそも論…orz

だいたいこんな感じ。

ただ僕の場合、昔から「“見積り”の低い」人間なので、あまり活字を読むイメージがないらしく、致し方ないことなのかもしれません。そんな僕からするとこの点でのストレス軽減は劇的なものでした。


Kindleは生活に「余白」を生み出す。

体調管理の運動も必要ですが、情報のインプットも今では必要不可欠なルーティーンです。日頃の仕事が忙しくなると、どうしても削ってしまいがちな仕事と必要時間(食事や睡眠時間)の間にある「余白」。

内容としては小さいんですが、堀江貴文さんの「多動力」であった“時間を取り戻す”という感覚に、ほんのりマッチした感じがしました。

仕事が忙しく学習時間が取れない。だからもっと仕事を効率的にして・・・という意見が正論なんですが、あくまで業務の方法ではなく、それ以外の生活で効率化を図ることもほんと大切だな、と感じた買い物でした。

仕事もPBも自分のリズム感で生きていくと、このあたりを整備することに繋がるんだろうなー。


以上、買ってマジ良かった感情の押し付け記事でした。



ツイッターでも同じようなことをつぶやいているので、興味もある方は気軽にフォローしてくださいね。

🕺🏻丸山享伸

会社に依存せず楽しく働きたい経営者。アイアンマン好きな2児の父です。WEB制作会社(UNIONNET Inc.)の代表として #小さな会社の経営者 の本音をつぶやいたり・書いたりしてます。

twitter ▷ @maruyamana1984
Books&Apps ▷ https://blog.tinect.jp/?author=13057

あざます😁次もスキと言ってもらえるように頑張ります!
5

丸山享伸

“はたらくを楽しく”したいWeb制作会社 代表。小さな会社の経営者として、日々現場を通じて感じる「働き方」や「組織づくり」について書いています。 twitter ▷ https://twitter.com/maruyaman1984

ライフログ

プライベートの話や昔話、趣味や子どものこと