見出し画像

なんでTwitterじゃダメなの?

ビジネスライクな付き合いが苦手な私は名刺交換をしません。
というよりも渡し忘れることが大半です。

実際のところ、会話の途中で「SNSやってます?」「何て検索すれば出ますか?」と言いながら、その場でスマホ確認するので、自分的にはそれで“名刺交換”しているつもり。(だからと言って「忘れる」という理由にはならない?)

SNS経由からお会いした方の場合は、十中八九名刺交換しません。

ただ、それでもビジネスの現場では名刺交換はまだまだ必要なわけで、受け身ではありながらも、名刺交換をするようにしています。

しかし、その後のアクションについてある違和感。

名刺交換後のFacebook率の高さに疑問視しているのではなく「Twitterをやってるのに、そこでは繋がらせて貰えない」事に激しい違和感を覚えるのです。

何度か直接聞きましたが、大半は「個人的な趣味しか呟いていないので…」との返答。

ホワイ ジャパニーズピーポー・・・厚切りジェイソン状態ですが

なんで、その「個人として」交流してくれないの?


それって仲良くなる気ないよね?
SNS上の“友達”ではないよね?
仕事だけの繋がりが欲しいの?
ってか、そんなの広告じゃん!
もはやリターゲティングじゃん!
もっとあなたの事が知りたいの!
趣味が何なのかな?とか。
へぇ〜、仕事以外にそんなことしてるんだ!とか。

生理中の妻のようにキーキー思うわけです。(←絶対怒られるやつw)

SNSでの軸足は皆さんそれぞれあると思うのですが、なぜか絶対領域を設け探り合いのスタンスで、互いにマウントし合う雰囲気を感じるのです。

つまり、どうして欲しいかと言うと
別に教えてくれてもいいよね? ということ。

フォローするしないはその後の判断ですし、仕事の付き合いで相互フォローしたとしてもノイズに感じたり心地良さが下がるのであれば、ミュート化すれば済む話。(実際自分も、関係の親しい人のSNSは全てミュートにしています)

ビジネス的にはFacebookはオープン、Twitterはクローズドですが、実際個人レベルでは逆な印象があり、行動ベースの練り込まれた投稿よりも、反射に近い思考性ある投稿の方がマインド面での「繋がり」があります。

多くの付き合いよりも、小さな付き合い。
対会社よりも対個人としての繋がり。

組織・個人関係なく、有益性の高い繋がりを意識することは、自分の価値にレバレッジをかけられるのではないかと思うです。


ツイッターでも同じようなことをつぶやいているので、興味のある方は気軽にフォローしてくださいね。

🕺🏻丸山享伸

Web制作会社(UNIONNET Inc.)代表。「はたらくを楽しく」したい“小さな会社の経営者”としてつぶやいたり・書いたりしています。

twitter ▷ @maruyamana1984
Books&Apps ▷ https://blog.tinect.jp/?author=13057

あざます😁次もスキと言ってもらえるように頑張ります!
22

丸山享伸

“はたらくを楽しく”したいWeb制作会社 代表。小さな会社の経営者として、日々現場を通じて感じる「働き方」や「組織づくり」について書いています。 twitter ▷ https://twitter.com/maruyaman1984

小さな会社の経営者日記

Web制作会社の経営者として、現場で感じる「働き方」や「組織づくり」についてのまとめ