見出し画像

[大人の読書感想文] ブランド人になれ @田端信太郎 著

田端信太郎さん(@tabbata)の「ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言」が発売されたので、早速Kindle版を購入してみました。

発売前「過労死は自己責任」で炎上し、何か影響出るのかな?と思いましたが、さすが田端さんクラスになると、特に問題なくリリースされるんですね笑

さて、肝心の内容について。

田端さんのツイッターを日頃からチェックしている方には既出なコトも多いかもしれませんが、テンポの良い構成で非常に読みやすい1冊でした。最近のこの手のコピーが「どーん!」とくるタイプ、読んでてワクワクするので個人的に好きです。(こういうの、今っぽいですね)

サラリーマンに向けた内容が多めなのですが、個人的にグッときた点もいくつかあったので、自分なりに咀嚼した見解を抽出してみたいと思います。

趣味への投資は未来につながる

本書ですが、基本的には「まず動け」です。そして「すぐやれ」です。極論のように聞こえるのですが、今って本当にこの意見が多くて、死ぬこと以外はカスリ傷精神がスタンダード化されてきているようにも感じます。

この即実行論
僕個人としては「趣味」が絡むと誰でも実現可能なことなのだろうな、と考えています。


「好きこそ物の上手なれ」ってやつですかね。

実際僕が学生の頃は“やりたい事と出来ることは別”という意見が非常に的を得ていました。今聞くと「はぁ?」な意見なのですが、当時はコレが多くの若者の間で刺さっていた印象を覚えています。会社、転勤、結婚、出産で行動力が弱まる事も必然、という解釈の元、この考えがあったのでしょう。

ただ昔から自己投資という言い方はよく使われていて、自分らしく生きるために趣味への投資を行っていた人も多かったと思います。しかし当時は趣味をアウトプットする場も少なく「生活」と「趣味」に隔たりがありました。今は反対に趣味の事を仕事の合間にツイートしたりと、インターネットを通じて手触り感を確かめることが出来ます。

趣味を通じて自身としてのアイデンティティを確立することは、会社に属したり、生活環境が変わったとしても、これまでの経験を転換したり組み合わせて創出することにつながります。

今は、そういったことが可能な世界になってきていると感じています。

目の前を一生懸命生きれないヤツに未来はない

「…とは言え目の前を」という意見があったのも新鮮でした笑

はみ出して行こうぜ!パンクに、アンチ組織!という意見で固められているのかと思いきや、その前に「まず目の前のこと出来てんの?」と目を覚ますような内容があったのが、田端さんらしいというか、あえて社に属した人の発言っぽいな、と。

しかし、だからこそ環境を言い訳にせず、逞しく活躍し続けられるんだろうな、と感じました。

実際のところ、個人と会社という区分けは極めて緩くなっていくとは思いますが、無くなることはないと思います。それは一人で生み出せるものには限界があるから。そしてみんながスーパープレイヤーではないから。

会社に属すにも、色々な理由がありますが、いち個人として成し遂げたいミッションは個々にあると思います。それを実現するための “目の前を一生懸命生きる” に組織形態はあまり関係ありません。

SNSでキラキラした意識高い内容が目に入ってしまうと、つい生き急いで大きく動いてしまうところはありますが「まずは目の前を」という俯瞰した意見に、自分自身も気付かされることがありました。

このスタイルが標準になったら、どうなるのかな?

この本は、人によっては「過去のセルフブランディング本の表現を今風にしただけ」と解釈する人も居るでしょう。しかし、なにを言うかよりも誰が言うかが重要視される今、この機会に別の切り口で出会えた自分はラッキーだと思っています。(すいません、田端バイアスかかってます笑)

ただ、この今の個人ブランド主義であるパンクスタイルが当たり前になった時、会社や個人・コンテンツの価値観はどうなるのでしょうか。特別なことも当たり前になると普通になります。ブランド力も同じで自分株の価値も世間により常に変動します。

みんなが独立採算制・・・

面白そうだけど、なんだか息が詰まる世の中だなぁ。
なんて考ながら、まずは目の前を一生懸命生きていきたいと思います。


ツイッターでも同じようなことをつぶやいているので、興味のある方は気軽にフォローしてくださいね。

🕺🏻丸山享伸

会社に依存せず楽しく働きたい経営者。アイアンマン好きな2児の父です。WEB制作会社(UNIONNET Inc.)の代表として #小さな会社の経営者 の本音をつぶやいたり・書いたりしてます。

twitter ▷ @maruyamana1984
Books&Apps ▷ https://blog.tinect.jp/?author=13057

あざます😁次もスキと言ってもらえるように頑張ります!
9

丸山享伸

“はたらくを楽しく”したいWeb制作会社 代表。小さな会社の経営者として、日々現場を通じて感じる「働き方」や「組織づくり」について書いています。 twitter ▷ https://twitter.com/maruyaman1984

ライフログ

プライベートの話や昔話、趣味や子どものこと